経営に重要な調査

女性

従業員の満足度

近年は多くの会社において従業員満足度の調査が行われるようになってきています。これは会社の経営方針や上司について、または待遇や福利厚生等、従業員が会社に対して何を考えているのかをしっかり確認する場となっています。この従業員満足度が低いと離職率増加やモチベーション低下による生産性の低下等があり、企業や経営層にとってはこの従業員満足度は大きな指標になります。この満足度調査はコンサルティング会社が業務改善の一環で行う場合が多く、企業が独自で行う場合はあまりありません。これは満足度調査をしてその結果を経営課題としてとらえ改善する必要あるからです。特に従業員満足度は一度やれば良いものではなく、継続的に行う必要があります。満足度の上昇がみられなければさらに改善をする必要があります。逆に満足度が高い場合はコアな人材が積極的に働いている事がうかがえるので、この数値が下がらないように経営努力を継続していく事がポイントとなります。コンサルティング会社に依頼をする場合はポイントとしてどの分野に強いコンサルティング会社であるかをしっかり確認する事が大切です。特に今までの実績が重要ですので、同じ業界内での実績や同じ企業規模での実績等があるかどうかは依頼するには重要な指標です。また満足度調査は従業員を対象に行われるものなので、人事系のコンサルティング会社であればそれなりのノウハウを持ち合わせています。この点も踏まえて依頼をする事が大切ですが、その企業の形態にあった調査内容や調査項目にしてもらうようコンサルティング会社と調整する事も重要です。